便秘で腰痛になることも

便秘で腰痛になることも

 

便秘腰痛

 

便秘と併用して起こる症状で意外なのが、「腰痛」です。

 

なぜ便秘の人は腰痛も起こりやすいのでしょうか。

 

便秘の状態が続くと、胃腸内が膨張して内臓器官を圧迫してしまいます。
そして、便から毒素も排出されるでしょう。

 

圧迫された臓器のせいで、体内の血液循環は悪化してしまいます。
そのせいで疲労物質が蓄積しやすくなり、腸に近い腰部分に痛みが生じるのです。

 

 

毒素が体内に溜まると、腸から吸収され血液を通って体のさまざまな器官に運ばれていきます。

 

腰は腸から特に近い部分なので、毒素も溜まりやすいでしょう。
毒素が溜ると筋肉の緊張が起こりやすくなり、腰痛に発展してしまうのです。

 

腰痛がなかなか改善しないという人は、便秘かどうかを考えてみましょう。
便秘が続いている様であれば、便秘を改善することでも腰痛も改善する可能性が高いです。

 

 

また、便秘改善の他に血流改善をすることも大切です。
便秘で滞ってしまった血流を改善することで、腰の痛みも緩和します。

 

特におすすめしたいのが、お風呂上りのストレッチです。

 

筋肉の緊張をほぐすことで血流を改善することが出来ますし、毎日少しずつでも筋トレをすると、筋力アップに繋がり排便をする力をアップすることが出来ます。

 

 

便秘には定番の乳酸菌