便秘と間違えやすい病気

便秘と間違えやすい病気

 

便秘はあくまで便秘です。
しかし、便秘の症状をそのままにしていてはいけません。

 

病気の中には、初期症状が便秘だという病気もあるのです。
ただの便秘だと思ってそのままにしておくと病気が悪化してしまう可能性もあるでしょう。

 

たとえば、大腸ポリープです。
これは、大腸の内側、粘膜部分にいぼが出来てしまう病気のことをいいます。

 

さまざまな種類があり、症状が悪化するとガンになってしまう可能性もあるでしょう。
便秘の他に、下痢や残便感、おなかのハリや腹痛が起こることが多いでしょう。

 

大腸ポリープが悪化すると起こるのが、大腸がんです。
大腸に出来るガンで、特に直腸やS字結腸に多く出来るといわれています。

 

大腸がんも便秘にはじまり血便、体重減少、出血による貧血が起こるといわれています。

 

他にも腸炎、クローン病、乳糖不耐症、甲状腺関係の病気等は、症状に便秘が含まれます。

 

便秘は、食生活を改善したり、便秘改善に効果的なサプリメントを服用することで改善することが出来ます。

 

便秘改善対策をしてもなかなか便秘が改善しない場合は、一度病院で検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 

もしかしたら、病気が見つかるかも知れません。

 

病気を悪化させない為にも、日々便秘には気を付けるようにして下さい

 

便秘には定番の乳酸菌