コーヒーは便通に悪影響?

コーヒーは便通に悪影響?

 

コーヒーを飲むと便秘になる。
コーヒーを飲むと改善になる。

 

どちらもよく聞く説です。
全く逆の説ではありますが、どちらが正しいのでしょうか?

 

まず、コーヒーを飲んで快便になる。という説は事実だといわれています。

 

なぜならコーヒーにはカフェインが含まれているからです。
カフェインを飲むことで、腸が刺激され腸の活動が活発化します。
そのため便秘も改善するのでしょう。

 

特におすすめなのが、朝のコーヒーです。
朝食にコーヒーを飲む、という人は、コーヒーで便秘が改善したという人に多い意見です。

 

カフェインの適度な刺激が眠っていた胃腸をお越し、排便を起こすのではないでしょうか。

 

しかし、コーヒーを飲んで便秘になるという人もいます。
これにはいくつか原因があります。

 

たとえば、毎日コーヒーを飲んでカフェインを摂取している人は、
コーヒーによる刺激に体が慣れてしまうでしょう。

 

そのせいで、コーヒーによる改善効果をなかなか感じにくくなってしまうのです。

 

次に、成分です。
コーヒーにはタンニンとう成分が含まれています。
タンニンは適量であれば便秘改善に効果的ですが、過剰摂取をすると便秘になってしまう成分です。

 

コーヒーは、飲み過ぎると便秘になってしまうのでしょう。

 

便秘には定番の乳酸菌