便通と生理の関係

便通と生理の関係

 

生理は女性の体にさまざまな影響を与えます。

 

たとえば、便秘は生理痛の原因になってしまう場合が多いでしょう。
これは、便秘が原因で血液の循環が悪化するから起こる現象です。

 

新陳代謝の活発が悪化し、生理痛を招いてしまいます。

 

生理痛は、ホルモンバランスが乱れ子宮の収縮に異常が出た時に起こる現象だといわれています。
そのため、便秘によりホルモンバランスが乱れると、痛みも強くなるのでしょう。

 

また、便秘になると腸内にガスがたまってしまいます。
そのせいで子宮が圧迫され、痛みを感じる場合もあります。

 

生理期間、もしくは生理前になると便秘になるという女性も少なくはありません。
これは、生理の準備をするために体内器官が目まぐるしく動くことが原因でしょう。

 

生理前や生理中は、生理を起こす為に体内器官がさまざまな活動を行います。
そのせいで、他の働きが疎かになってしまうのです。

 

普段は排便の為に活動をしている器官も十分に働けなくなってしまい、便秘になることはあります。

 

日頃から便秘にならないように心掛けていれば、
生理前でも体内器官の働きを止めずに、しっかりと排便をすることができるのではないでしょうか。

 

便秘と生理はとても近しい関係にありますが、
便秘になりにくい体つくりをすることで便秘による不調を防げます。

 

便秘には定番の乳酸菌