子供の排便を習慣化するには

子供の排便を習慣化するには

 

子供の便秘

 

子供は便秘とは無縁のような気がしますが、最近の子供たちは食生活の欧米化や運動不足から毎日排便する習慣が身に付いている子供が少ないようです。

 

本来ならば朝起きて朝食後に排便をしてから一日が始まるというのが理想なのですが、子供にとって朝はゆっくりトイレに入る時間が取れない場合が多く、便意を感じても我慢してしまうのです。

 

それが積み重なると、便はどんどん硬くなり排便し難くなってしまうようです。

 

 

小さいころからの習慣は、大人になっても身に付いているもので、排便を習慣化することで便秘になりにくくいつもすっきり健康な体を手に入れることができるのです。

 

子供の排便を習慣化するためには、集団生活が始まる前から歯磨きや入浴と同じように、毎日行うことの一つにすることが大切です。

 

具体的には、朝食後に便意を感じていなくても必ず一緒にトイレに行って座らせる。

 

出ても出なくても褒めてあげることで子供はその時間に排便をするという感覚が自然に身に付くので、次第に本当に便が出るようになるのです。

 

 

排便は人それぞれ時間が違うと思うかもしれませんが、この習慣を身に付けると自然に体がそれに合わせてくれるので、毎日同じ時間に便意を感じるようになるのです。

 

このように、排便を習慣化するためには朝は余裕をもって起きることと、小さなころからのちょっとした努力が必要なのかもしれません。

 

 

子供は便が緩みやすい

 

子育ての経験がある方は知っていると思いますが、子供の便はちょっとしたことで緩みやすいものです。

 

まだ腸が大人のようには丈夫ではないということも言えますが、薬や環境の変化、病気などで緩くなることが多々あり、そのたびに親は何とかしてあげたいと思うものです。

 

 

病気が原因での緩い便は、それぞれ特徴があるのでネットなどで調べてみると何の症状なのか分かるかもしれません。

 

普段は健康的な便が出ているのに、急に緩くなる場合は何らかの変化が体に起こっていると判断していいようで、理由を考えてみると思い当たることがあるかもしれません。

 

例えば、最近冷たい飲み物やアイスばかり食べていたり、風邪気味、投薬、幼稚園や小学校の入学など環境の変化・・・このような場合は、腹痛を感じることがなければ自然に治るものですが、様子を見て長引くようならば病院に行ったほうが良いかもしれません。

 

 

また日ごろから便が緩い子も多く「バナナうんち」と呼ばれる健康な状態の便の形にはならないようで、このような場合は腸内環境を整える必要があります。

 

子供のころの腸内環境が大人になっても改善せずに下痢や便秘になりやすいなどの症状に悩む人も少なくないので、子供時代にきちんと整えるということが大切なのかもしれません。

 

 

子供の胃腸を強くするには?

 

病気をしない健康な体のためには腸内環境を整え善玉菌を増やすことが大切だと言われています。

 

実際に、毎日きちんと排便していて胃腸が健康な人は免疫力が高く、インフルエンザやウイルス性の風邪や病気にかかりにくいのです。

 

そのため、病気が流行る季節には善玉菌を増やすための乳酸菌配合の食べ物を毎日食べるという人が多いようで、今や体の健康は胃腸からと言うことが常識になりつつあるようです。

 

 

子供の胃腸を強くしたいと願う親は多いようです、どのような方法が効果的なのでしょうか?

 

  1. 毎日規則正しい生活をする
  2. 栄養バランスをが整った食生活
  3. ジャンクフードを極力減らす
  4. ヨーグルトや乳酸菌飲料などで善玉菌を増やす

 

当たり前の事ばかりですが、実際にはできていないと気づく人が多いのではないでしょうか?しかし、この当たり前のことが子供の胃腸を強くする最善の方法なのです。

 

また精神的に弱い子も胃腸の調子を崩しがちなので、ストレスに強い精神を養うことも大切で親のそのために親が何ができるのか考えなくてはいけません。

 

 

物が溢れ簡単に美味しい物が食べられる時代だからこそ、子供の体には何が必要で何が害なのかしっかり考えて与えることが大切なのかもしれません。

 

便秘には定番の乳酸菌