子供の便秘は、なかなか気が付かない

子供の便秘は、なかなか気が付かない

 

子供の便秘

 

子供は自分から便秘だと言うことはあまりないので、親もなかなか気が付かないことが多いようです。

 

小さいころは「うんちが出たよ!」と報告してくれるものですが、小学生にもなると自分からはなかなか言わないものです。

 

恥ずかしいという気持ちが芽生えることもありますが、いちいち報告することが面倒になるのでしょう。

 

 

起床時間がぎりぎりで時間がないと排便の時間もなく学校に行くことになってしまい、腹痛や吐き気などを訴えるまで親は子供の便秘に気付かないことが少なくありません。

 

子供は自分が便秘だという自覚はなく、何か症状が現れた頃には深刻な状態になっているので注意が必要なのです。

 

子供が便秘で病院に運び込まれたという話は決して大げさではなく、本当にあることなのです。

 

 

便が石のように硬くなると、それが栓のようになりどんどん腸の中にたまってしまい、激しい腹痛や吐き気で苦しむことになります。

 

便が硬くなることで、排便時に痛みを感じることで便を出すことが怖くなり我慢する子供もいるので水分をしっかりとらせることも大切です。

 

このような辛い便秘にならないためには、子供に毎日排便をする習慣をつける事と栄養バランスを考えた食事と規則正しい生活をさせることが親にできることなのです。

 

便秘には定番の乳酸菌