左下腹部の痛み

左下腹部が痛む便秘のパターン

 

便秘になると、左下腹部が痛くなる場合もあります。

 

なぜなら、左下腹部に便が溜ってしまうからです。

 

便秘になると、体内にある便を排出できない状態となってしまうでしょう。
そのため、体内には排出できなかった便がどんどん蓄積されていきます。

 

そんな便が内蔵を圧迫する為、左下腹部に痛みを感じることがあるのです。

 

左下腹部に痛みを感じる人もいますが、右側に便が溜り傷むという場合もあります。

 

しかし、左下腹部の痛みは便秘だけが原因ではありません。

 

便秘のせいだけではなく、違う病気が原因の可能性もあるのです。

 

多いのは、盲腸です。
盲腸になると腹痛を招くということは有名ですが、特に左下腹部が痛みを感じることが多いそうです。

 

また、尿管結石の場合も左下腹部に痛みが生じるそうです。
尿管結石はとても強い痛みを伴う病気です。
初期段階の左下腹部の軽い痛みでも、尿管結石に気づくことができれば強い痛みを感じる前に改善が出来るでしょう。

 

大腸がんのせいで左下腹部が痛む場合もあります。

 

そのため、左下腹部が傷むのは便秘のせいだと決めつけない方が良いでしょう。

 

痛みが強い場合や長期間続く場合は一度医師に相談をしてみては如何でしょうか。
もしかしたら違う病気が見つかるかも知れません。

 

便秘には定番の乳酸菌