お尻が痛い

便秘でお尻が痛くなる場合

 

便秘になると、体のさまざまな部分に不具合が生じるでしょう。

 

例えば、お尻の痛みです。

 

便秘が悪化するとお尻が痛くなる場合があります。

 

なぜなら、便秘になると痔になる可能性も高くなるからです。

 

便秘が続くと、どんどん大腸に水分を吸収され、どんどん排出しにくい状態になってしまいます。

 

そのせいで、便秘が悪化してしまうのです。

 

硬くなり、排出しにくくなった便は、肛門を通ると強い刺激を与えるようになるでしょう。

 

また、便を排出する為に長時間トイレにこもる事も珍しくはありません。

 

力を込めて便を排出しようとすると、それだけ肛門にも大きな負担がかかってしまいます。

 

そのせいで、痔になってしまうのです。

 

便秘から起こる痔で多いのが、切れ痔やいぼ痔です。

 

痔になると、更に排便をするのが苦痛となってしまうでしょう。
排便をするたびに強い痛みが生じるので、より便を出したくなくなり、便秘も痔も悪化してしまう傾向にあります。

 

便秘のせいでお尻が痛くなった時は、これ以上お尻に負担が掛からないようにしましょう。

 

長時間座りつづけなければいけない仕事の場合は、ドーナッツ型のクッションを買うなど、お尻への負担を軽減することをおすすめします。

 

そうすれば、お尻の痛みも和らぐのではないでしょうか。

 

便秘には定番の乳酸菌