よくある便秘の原因

よくある便秘の原因

 

便秘はただ便が出ない状態のことを言う訳ではありません。
3日以上続けて便がでなかったり、便が硬くて出しにくい、残便感があるなどこれらの症状は全て便秘に該当します。
便秘は男性よりも女性の方がなりやすく、酷い場合は腹痛や食欲不振など別の体調不良の原因になってしまう可能性もあります。

 

なぜ女性の方が便秘になりやすいかというと、便秘が起こる原因が女性に多いからです。

 

たとえば身体的理由です。

 

女性の方が、男性よりも筋力が弱い傾向にあります。
そのため腹筋の力も弱く、便を排出する力が男性に比べると弱いのです。
このせいで大便を送り出す力が劣っているため、女性の方が便秘になりやすいといえるでしょう。
女性はもちろん、年齢を追うごとに筋力が低下する為、便秘になりやすいともいえます。

 

ホルモンが影響して便秘になる可能性もあります。
女性のホルモンの中には黄体ホルモンというものがあり、このホルモンが多く分泌されている期間は蠕動運動を低下させるといわれています。
特に月経前や妊娠初期は便秘になりやすいでしょう。

 

他にも無理なダイエットや精神的な影響が原因で便秘になる可能性があります。
無理なダイエットをしていると便秘になりやすくなりますし、排便を我慢しても便秘になりやすくなってしまうでしょう。

 

便秘の種類

 

便秘にはいくつかの種類があり、種類によって原因も症状も異なります。

 

たとえば弛緩性便秘は大腸の運動が低下してせいで起こる便秘の種類です。
お腹が張ったり残便感が残ったり食欲低下、肌荒れ、イライラなどが起こるのが弛緩性便秘の特徴です。
この便秘に該当する人は、運動不足や水分不足、食物繊維が不足していたり腹筋力が低下している方に多いでしょう。
無理なダイエットをしていても、弛緩性便秘になりやすいといわれています。

 

痙攣性便秘は、大腸が緊張することで起こる便秘の種類です。
便は排出するけどコロコロとした少量しか出ない場合も多いのが、痙攣性便秘の特徴です。
このタイプは精神的ストレスが溜まっている場合や環境の変化、過敏性腸症候群が原因だといわれています。

 

直腸性便秘は、直腸に便が停滞している状態のことをいいます。
高齢者や寝たきりの方はこのタイプが多いでしょう。
排便をするべき時にしないと、このタイプになりやすいといわれています。
最近は排便を外出先でするのが恥ずかしいという人が直腸性便秘になる現象が多いといわれています。

 

最後に器質性便秘です。
このタイプは大腸がんやイレウスなど、何かしらの病気などが原因で起こる便秘です。

 

便秘には定番の乳酸菌