何かの薬が原因になる便秘も

何かの薬が原因になる便秘も

 

便秘 原因

 

薬の副作用で便秘になってしまう場合があります。

 

便秘の原因が見当たらないという方は、飲んでいる薬の注意事項を読んでみましょう。
もしかしたら、副作用に便秘が該当している可能性があります。

 

便秘になる可能性が高い薬は、咳止め、抗がん剤、抗鬱剤、向精神薬、鎮痙剤、不整脈用剤、抗生物質製剤などが多いといわれています。
もちろんこれら以外にも、便秘が副作用にある薬もあるでしょう。

 

 

薬は病気を治す為に欠かせません。
体の治療をする為の薬ですが、体の不具合を治す為には他の器官に不具合が生じる可能性があるのです。

 

人の体はさまざまな部分で繋がっています。
たとえば、精神面と便秘はとても近い関係であり、精神バランスが崩れると便秘になってしまう可能性が高いのです。

 

そのため、抗鬱剤や向精神薬など、精神面に効果を与える薬には便秘になる副作用があるのではないでしょうか。

 

 

また消化管の運動を抑制する効果のある薬には、便秘の副作用がある場合も多いでしょう。

 

便秘の副作用がある薬は、医師から処方されるものがとても多いです。

 

もし薬の副作用で便秘になったとしても、個人の判断で便秘薬を飲まないようにしましょう。

 

もし便秘が辛いようであれば、医師に相談をして見て下さい。

 

便秘には定番の乳酸菌