胃腸炎

胃腸炎で便が出ないことがある

 

胃腸炎 便秘の原因

 

胃腸炎はとても辛い病気です。
一度発症してしまうと、ご飯を十分に食べられなくなってしまったり、嘔吐や下痢を頻繁に起こしてしまうでしょう。

 

そんな胃腸炎が、便秘に発展してしまう可能性があります。

 

胃腸炎が原因の便秘は、特に胃腸炎が治った直後に起こることが多いようです。

 

胃腸炎になると、激しい下痢や嘔吐に悩まされるでしょう。

 

一般的に、下痢が起こる胃腸炎は腸炎、嘔吐が生じる場合は胃炎に分類されるようです。

 

胃炎でも、腸炎でも、改善した後に便秘になる可能性はあります。

 

下痢でも、便秘でも、胃腸炎で過度な症状が起こると体内のビフィズス菌や乳酸菌を排出することとなるでしょう。

 

ビフィズス菌や乳酸菌は善玉菌の一種であり、腸内にはとても必要な菌です。

 

そんな善玉菌が胃腸炎のせいで体内からなくなってしまうと、理想的な便を作れない状態になってしまうのです。

 

そのため、胃腸炎後は善玉菌が改善しない限り便秘が続くのではないでしょうか。

 

胃腸炎後の便秘を改善する為には、腸内細菌を取り込む必要があります。

 

腸内細菌は、ヨーグルトやオリゴ糖を摂取することが補うことができます。

 

胃腸炎になった後は、運動や生活習慣の改善で便秘を解消することはできないのです。

 

便秘には定番の乳酸菌