肉食は便秘になりやすい

肉食は便秘になりやすい

 

肉食 便秘

 

お肉中心の生活をしている人は、注意が必要です。

 

なぜなら肉中心の食生活は、野菜の摂取が減ってしまい便秘になりやすいからです。

 

確かにお肉は美味しいですよね。
栄養満点で満足感があります。
普段はお肉メインの食事ばかりという方も多いでしょう。

 

しかし、そんな生活ばかりを続けていると食物繊維が不足してしまい便秘になりやすくなってしまうのです。
お肉は満腹感の強い食品なので、それだけでお腹がいっぱいになり野菜を食べる頻度が減ってしまうのが原因なのです。

 

また、便秘になりお腹の中に肉類が溜ると、腸内環境がどんどん悪化してしまいます。
悪玉菌の量も増え、体に悪い影響がどんどん現れてくるでしょう。

 

悪玉菌は、タンパク質を食べて腐敗物質に変えてきます。
腐敗物質が増えると更に悪玉菌が増え、酷いときは発がん物質を作る原因になってしまうといわれています。

 

便秘にならない為には、お肉も野菜も食べる必要があります。
お肉は確かに美味しいですが、合間に野菜も食べるようにしましょう
日本人はただでさえ便秘になりやすい性質だといわれています。

 

お肉を食べ過ぎると、更に便秘が悪化し取り返しのつかない状態になってしまう可能性もあるでしょう。

 

便秘にならない為にも、お肉の食べ過ぎには注意をして下さい。

 

便秘には定番の乳酸菌