便秘の原因で病気は何が考えられるか?

便秘の原因で病気は何が考えられるか?

 

病気が原因で便秘になってしまう場合もあります。

 

便秘は普段の生活が原因の可能性が高いですが、病気の初期段階の可能性もあるのです。
たかが便秘、と思わず、原因を見つけ病気の可能性を探りましょう。

 

たとえば、大腸ポリープや大腸がんなど、大腸が原因の病気は便秘が生じる可能性が高いです。

 

大腸ポリープは胃腸内壁にいぼ状の腫瘍が出来た状態となります。
ポリープは簡単な病気だと思っている方も多いですが、ガン化してしまう可能性もあるので早めの対処が重要です。

 

小さいうちは自覚症状も薄く、ただの便秘だと放置してしまう方も多いでしょう。

 

便秘 病気

 

大腸がんは、盲腸から結腸、直腸や肛門までの大腸粘膜上皮にできるガンのことをいいます。
出来た部分によっては大腸がんではなく結腸ガン、直腸ガンと呼ばれる事もあります。

 

初期段階では自覚症状もほとんどなく、少しずつ肛門からの出血、便の出血、便秘や下痢として症状が現れてきます。

 

便秘が頻繁な人は、大腸がんの可能性も理解したうえで原因を考えましょう。

 

 

他にも子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣のう腫、自律神経失調症等の病気が原因で便秘になる可能性があります。
病気が原因の便秘も多いですが、中には便秘が原因で病気が発症する場合もあるのです。

 

 

便秘は出来るだけ早く治す様にしましょう。

 

なかなか改善しない場合は、一度医師の診察を受けて下さい。

 

 

便秘には定番の乳酸菌