便秘の原因 ストレス

ストレスが便秘の原因

 

現代の便秘の原因で特に多いのが、ストレスだといわれています。

 

現代はストレス社会で、社会生活においてストレスを全く感じていないという人は少ないでしょう。

 

そのため、ストレス性の便秘にかかる人がとても多く、ストレス性の便秘は老若男女問わず生じる危険性があります。

 

また、ストレス事態を改善しないと便秘もなかなか改善することはできないでしょう。

 

なぜ、ストレスがたまると便秘が生じるのでしょうか?

 

ストレスをコントロールしているのは、自律神経です。
自律神経には交感神経と副交感神経の2種類あり、そのうちの副交感神経は大腸の蠕動運動をコントロール働きもあります。

 

ストレスを受けると交感神経が優位になり副交感神経の働きが鈍くなってしまうため、蠕動運動も鈍ってしまい便秘になりやすくなってしまうのでしょう。
鈍くなるばかりではなく、蠕動運動が過度に強くなり過ぎて痙攣を起こし、腹痛を招く場合もあります。

 

 

ストレスが原因で生じる便秘に多いのが、痙攣性便秘です。
痙攣性便秘は大腸が痙攣して動きが過度になってしまったせいで起こるタイプの便秘です。

 

そのため市販の便秘薬を飲むと、更に動きが過敏になり腹痛が悪化する可能性もあります。
ストレスが原因の便秘は、薬を飲まないようにしましょう。

 

 

便秘には定番の乳酸菌