便通異常の原因

便通異常の原因

 

便通異常が起こる原因はいろいろあります。
また、便通異常といってもさまざまな症状があるので一言でいうのは難しいでしょう。

 

便通異常の主な原因は、ストレスだといわれています。
ストレスがたまり、自律神経機能が不安定になると便通異常が起こります。

 

この時、腸の働きが過敏になってしまうと下痢になりますし、運動が悪くなると便秘になるといわれています。
また、下痢と便秘を繰り返す症状が起こる場合もあるでしょう。

 

便通異常は、もともと神経質な性格であったり、ストレスがたまりやすい性格の方に起こりやすいといわれています。
また、これらの性質を持った人が食生活の乱れや過剰なストレスがたまり、起こる事が多いそうです。

 

便通異常のタイプは大きく分けて3つに分けることが出来ます。

 

一つ目は便秘型。

便意があっても便が出ない場合や、うさぎのような便が出るタイプです。

 

二つ目は下痢型。

慢性的な下痢が続き、便の中に粘液が混ざる場合もあります。

 

また食事ごとに排便をしたくなるのもこの症状の特徴です。

 

最後は下痢便秘混合型。

下痢と便秘を数日ごとに繰り返すタイプです。

 

自律神経がアンバランスで、ストレスが溜まっている時期はこのタイプになりやすいといわれています。

 

便秘には定番の乳酸菌