一時的な便通異常ではなく、慢性化が怖い

一時的な便通異常ではなく、慢性化が怖い

 

便通異常 慢性化

 

便通異常で怖いのが、慢性化したときです。
便通異常にはさまざまな症状がありますが、主な症状は便秘もしくは下痢でしょう。

 

便秘や下痢が慢性化している方も多いのではないでしょうか。
胃腸が弱く、食べ物やストレスが原因ですぐに便秘や下痢になってしまう人がいます。

 

しかし、慢性的な便通異常は危険です。

 

慢性化した便通異常は、病気が原因かもしれないからです。

 

特に注意したいのが、大腸がんです。
大腸がんの初期症状は、便通異常が多いといわれています。

 

また、初期は2,3か月程便秘や下痢の便通異常を繰り返すといわれているのです。
他にも、便秘の中に出血が見えたり、腹痛が起こることがあるでしょう。

 

 

普段から便秘や下痢等の便通異常が慢性化している人は、万が一大腸がんになったとしても気づきにくいです。
そのため病気の発見が遅れ、気付いた時には手遅れになっている可能性もあります。

 

便通異常は、改善が可能です。
頻繁に起こる人は気に留めない事も多いかも知れませんが、万が一の時の為にも、病気の早期発見の為にも、慢性的な便通異常は改善するようにしましょう。

 

便通異常を改善すれば、体内環境も整い健康的な体を維持することができるのではないでしょうか。

 

便秘には定番の乳酸菌