便秘薬も必ず効くわけではない

便秘薬も必ず効くわけではない

 

便秘薬を飲んだからといって、必ず便秘が改善するという訳ではありません。

 

便秘にはさまざまな原因がありますし、便秘薬にもさまざまな種類があります。
自分の便秘の原因と薬の種類が一致しなければ、薬を服用しても十分な効果を得る事はできないでしょう。

 

しかし、最初から効果の高い薬を飲んでいては、腹痛などの副作用を招いてしまう可能性があります。

 

自分に効果のない便秘薬を飲んでいても、効果を得られないどころか体に負担がかかるだけになってしまうのです。

 

 

また、薬には飲み合わせがあります。

 

特に抗生物質や抗菌薬、強心剤などと服用すると、便秘薬の効果が打ち消されてしまう可能性が高いのです。
便秘薬の効果が感じられないというときは、併用して飲んでいる薬のせいかもしれません。

 

 

他にも、長期的な便秘の場合や症状によっては、便秘薬で効果を得られない可能性もあります。
体に慣れると薬が効き難くなってしまう場合も多く、急に便秘薬の効果が感じにくくなってしまうという場合も珍しくはありません。

 

便秘薬は、決しておすすめできる薬ではありません。
辛い便秘の時はつい便秘薬に手を出したくなる時もありますが、健康の為にもあまり飲まない方が良いでしょう。

 

便秘には定番の乳酸菌