便秘薬の効果

便秘薬の効果

 

便秘が辛い時、一番簡単な解決方法は市販の便秘薬だと思います。
気軽に手に入るという点と、薬なので改善に効果的だというという気持ちで手を出しやすいのでしょう。

 

市販の便秘薬といってもさまざまな種類があります。
そのため自分の症状を把握して自身に合った商品を使わなければ、十分な効果を得ることは出来ません。

 

膨張性下剤は、妊娠中の便秘や痙攣性便秘の方に効果的な薬です。
そのためもし痙攣性便秘以外に方が使用しても十分な効果は実感することが出来ないでしょう。

 

刺激性下剤は大腸に刺激をあたえ蠕動運動を促す便秘薬です。
刺激が強い薬なので腹痛を招く場合もあります。

 

 

他にも便秘薬はさまざまな種類があるのです。

 

便秘は人によって症状も原因も違います。
食生活が原因で便秘になってしまった人もいれば、ストレスや運動不足などが原因の可能性もあります。

 

自分自身で原因がわかっていれば良いのですが、原因がわからない場合は効果のない便秘薬を使用してしまう可能性もあるでしょう。
効果のない便秘薬を使っていても、便秘を改善することはできません。

 

また、便秘薬は物によってはとても強い効果を発揮します。
最初のうちは効果の弱いものを少量、それでも効かなければ違う薬を試したり量を増やす様にしましょう。

 

 

 

便秘には定番の乳酸菌