便秘薬の副作用

便秘薬の副作用

 

便秘薬で怖いのが、副作用です。
便秘改善に良い商品ではありますが、使い続けたり、急に強い薬を使ってしまうと副作用が現れる可能性があります。

 

便秘薬の副作用は、薬の種類によってさまざまなパターンがあります。

 

 

たとえばアントラキノン系の便秘薬は、センナなど漢方薬系の便秘薬です。

 

この種類の便秘薬は、使い続けると耐性が付いてしまい、なかなか効かなくなってしまう可能性が高いでしょう。
効果がなくなり他の薬を使う、というのは悪循環であり便秘の根本的な解決ではありません。

 

 

また、妊娠中の女性が使用すると流産や早産の危険性があるともいわれています。
授乳中にも服用しないほうが良いでしょう。

 

ジフェニルメタン系の便秘薬は、市販で良く販売されているタイプの便秘薬です。
刺激が弱く、副作用がほとんどないと言われている便秘薬ですが胃腸に異常がある方は腸閉塞や虚血性大腸炎が起こる可能性があるといわれています。

 

 

塩類下剤は、腸内の水分を増やすタイプの便秘薬です。

 

高い便秘改善効果をもたらしますが、腎臓疾患の人が服用すると高マグネシウム血症を引き起こす可能性があるでしょう。
心臓病の方にもおすすめできません。

 

他にもさまざまな種類があり、それぞれ副作用が危惧されています。

 

万が一便秘薬を服用する場合は、副作用に注意をして服用するようにして下さい。

 

便秘には定番の乳酸菌