ラブレ菌

ラブレ菌

 

ラブレ菌は乳酸菌の一つです。

 

乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、ラブレ菌は最近注目されつつあるガセリ菌の種類なのです。
CMなどでラブレ菌が配合された商品を見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

 

 

ラブレ菌の正式名称は「ラクトバチルス ブレビス サブスピーシス コアギュランス」です。
長いので、ラブレ菌と略されていることがほとんどでしょう。

 

もともとは、京都の漬物であるすぐき漬けから発券された植物性の乳酸菌でした。
生命力が強い乳酸菌なので、生きたまま腸内に到達することが出来、腸内で活発に活動します。

 

ラブレ菌を体内に取り込むことで、善玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整え、免疫力を強化してくれるでしょう。

 

 

乳酸菌は、基本的には繊細な成分であり胃腸に到達する前にほとんどは酸で死んでしまいます。

 

しかしラブレ菌は活きた状態で胃腸に届けられるので、体内環境改善に高い効果を発揮してくれるのです。

 

ラブレ菌を摂取することで体内環境が整います。
そのおかげで美肌効果やコレステロール値の減少効果、アレルギー抑制などの効果を実感することが出来るでしょう。

 

 

健康維持に欠かせない成分なので、ラブレ菌を意識して摂取してみてはいかがですか。

 

便秘には定番の乳酸菌