有胞子性乳酸菌

有胞子性乳酸菌とは?

 

乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、ほとんどの乳酸菌は熱や酸に弱く、腸内に到着する前に死滅してしまうでしょう。
死滅した乳酸菌は、腸内で十分に働くことはできません。

 

そこで最近注目を集めているのが「有胞子性乳酸菌」です。

 

有胞子性乳酸菌は、胞子性の乳酸菌です。
胞子に包まれて存在する菌体なので、熱や酸に負けずに、生きたまま腸内に届くことができるでしょう。
そのため高い効果を発揮しやすいのです。

 

腸内に取り込まれた有胞子性乳酸菌は、乳酸を生成し、胃酸や胆汁の刺激を受け活発に繁殖し、乳酸を作り、悪玉菌を破壊してくれます。

 

また、有胞子性乳酸菌は腸内のpHを弱酸性に保ち悪玉菌の異常発酵を抑えたり、善玉菌が増えやすい環境作りをお手伝いしてくれるのです。

 

他にも有胞子性乳酸菌は便のアンモニア量を減少させアンモニア臭のない便を排出することができる等の効果があるといわれています。

 

この様に有胞子性乳酸菌は、他の乳酸菌よりも体に良い効果を感じやすいのです。

 

体内環境を改善したいのであれば、有胞子性乳酸菌を意識して摂取してみてはいかがでしょうか?

 

生きた乳酸菌は腸内環境を改善させる

 

乳酸菌は、生きたまま腸内に届くものと、死滅した状態で腸内に届くものの2種類があります。

 

もともと乳酸菌は、とても繊細な成分だといわれてきました。

 

食品などに加工する段階で、死滅してしまうものが多いからです。

 

乳酸菌を食品に配合するためには、熱を加える等の加工を施す必要があります。
しかし、その加工段階で多くの乳酸菌は、死滅してしまうのです。

 

もちろん食品の状態では生きている乳酸菌でも、腸内に取り込むことで熱や酸に溶かされ死滅してしまう可能性もあるでしょう。

 

死滅したままの乳酸菌でも、さまざまな働きがあります。

 

死滅した乳酸菌は、体内で善玉菌のエサとなり善玉菌の増殖を助けたり、悪玉菌と合成し中和する働きがあるでしょう。
これだけでも十分、腸内環境を改善する働きを得ることができると思われます。

 

しかし、生きたまま腸内に届けられた乳酸菌は、これ以上にさまざまな体質改善、腸内環境改善の効果をもたらしてくれるのです。

 

そのため、もし乳酸菌でより高い効果を実感したいのであれば、活きた状態で摂取をすることができる乳酸菌を選ぶようにしましょう。

 

生きたままで乳酸菌を摂取することができれば腸内でどんどん活発的に動き、腸内をどんどん良い環境へと変えてくれます。

 

ダイエット効果も

 

ダイエット中の方にこそ、乳酸菌の摂取をおすすめします。
乳酸菌には高いダイエット効果があるのです。

 

特に注目したいのが、乳酸菌の腸内環境改善効果でしょう。

 

健康的で美しくダイエットをしたいのなら、「活きた乳酸菌の摂取」がおすすめです。

 

最近注目されているダイエットワードといえば「インナーケア」ではないでしょうか。

 

外面だけではなく内側からダイエットをし、自分を磨くことで、どんどん美しい体を作ることができます。

 

中でも腸を美しく保つことはとても大切です。
腸内を綺麗に保つことができれば、健康的な体を保つことができ、ダイエットにも美容にも高い効果を実感することができるでしょう。

 

活きたままの乳酸菌を摂取することができれば、腸内が善玉菌の育ちやすい環境となります。
このおかげで善玉菌が増え、腸内環境も改善されるでしょう。

 

ダイエットの天敵である便秘も改善します。

 

中でもダイエット中におすすめしたい乳酸菌が、「ビフィズス菌」ではないでしょうか。

 

ビフィズス菌はビタミンBやビタミンKと腸内でまとめて吸収し有害物質を排出する力があります。

 

そのため体に必要な栄養のみ補給し、不要な物質を排出してくれるでしょう。
不要な物質をきちんと排出することができるので、ダイエットの効果を実感しやすいのです。

 

便秘には定番の乳酸菌