便秘の母乳への影響は大丈夫?

母乳への影響は大丈夫?

 

産後のひどい便秘によって体に老廃物が溜まるので、母乳にまで影響が出ると思っている人がいるのですが、その老廃物が母乳に混ざるということはないので安心してください。

 

しかし、その便秘が直接的ではなく母乳に影響を及ぼす場合がることも事実なので、産後の便秘は早めに対処した方が良いのは確かです。

 

 

便秘だからと言って安易に便秘薬に手を出す人がいますが、産後は母乳を通してその成分が赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるので、市販薬をむやみに服用することは避けなくてはなりません。

 

もしどうしても薬が必要な場合は、授乳していることをきちんと伝えたうえで、病院で処方してもらった薬だけを服用するようにしましょう。

 

 

また、産後は便秘だけではなく様々な要因が重なって女性はストレスを感じやすい状態になっています。

 

そのストレスが母乳の出に大きく関わりがあることが分かっているので、ストレスになるようなことは一つでも解決しておいた方が赤ちゃんのためにもなるのです。

 

 

このように産後の便秘は多くの女性が抱える悩みですが、赤ちゃんに十分な母乳を与えるためにも早めに対処するべきなのです。

 

不規則な生活ではなかなか自分の時間も取れませんが、産後の便秘解消のためのサプリメントなども上手に利用すると良いかもしれません。

 

便秘には定番の乳酸菌