妊娠中に便秘薬を飲んでも大丈夫?

妊娠中に便秘薬を飲んでも大丈夫?

 

妊娠中は母親が服用した薬の成分が胎児に影響を与えてしまうことがあり、普段から服用しているものでも医師の許可を得てからにしましょう。

 

便秘薬も同じで妊娠中は服用を避ける必要があるため、便秘が深刻な人はかかりつけの医師に相談して、妊婦でも影響が少ない薬を処方してもらわなくてはなりません。

 

実は便秘薬や下剤を妊婦さんが服用することは、流産につながることがありとても危険なことなので自己判断で勝手に服用するようなことがあってはならないのです。

 

 

普段は全く問題なく服用できる市販薬でさえ、妊娠中の体には悪い景況を与えることになりかねず、その判断ミスによって大切な赤ちゃんを危険にさらすようなことがあってはならないのです。

 

妊娠中はできるだけ薬を飲まないに越したことはないので、薬に頼らずに便秘を解消する方法を見つける方が赤ちゃんのためにもなるはずです。

 

 

妊娠中は様々な要因から便秘になりやすい状態にあり、今まで便秘とは無縁だった人は特に不快な思いをするようで、ストレスを感じたり腹痛を起こす人もいます。

 

薬に頼ることができないのですから、水分補給をしっかりすることと食物繊維を豊富に含んだものや、腸の働きを整える乳酸菌が多い食生活を心がける必要があります。

 

便秘には定番の乳酸菌