便秘は産後の体に影響がある?

便秘は産後の体に影響があるか?

 

産後の便秘

 

産後の便秘はとても辛いものですが、授乳をしているために市販薬をむやみに飲むこともできず悩んでいる人も多いようで、今まで便秘など経験したことがない人でも重症化する場合があるようです。

 

その便秘をどうすることもできないと放置していると体に影響が出る場合があるので、早めに対処することがとても大切なのです。

 

 

その影響とはどのようなものでしょう?

 

  1. 便秘によって便が硬くなり痔になりやすい
  2. 老廃物が長く体に蓄積されることによって皮膚トラブルが起こりやすい
  3. 便が硬くなることによって腹痛を起こす

 

 

なかでも深刻なのが痔で、多くの女性が切れ痔に悩まされているようで、恥ずかしさから病院に行くこともできずにいるようです。

 

産後の切れ痔は便が硬くなることによって排便時に肛門が切れてしまい、出血や痛みを伴い一度なってしまうと排便のたびに切れてしまうため恐怖から排便ができなります。

 

これでは悪循環で元々便秘がちで硬い便がどんどんたまってしまい、最悪の場合腹痛で病院に運び込まれるということにもなりかねません。

 

 

産後の切れ痔はなる前に予防することが最も大切で、規則正しい排便を促すような食生活やサプリメント、便を柔らかくするように水分をたっぷりとるなどが有効です。

 

便秘には定番の乳酸菌