妊娠中に便秘になりやすい理由

妊娠中に便秘になりやすい理由

 

妊娠中の便秘

 

 

妊娠中に便秘を経験したことがある人は多いようですが、今まで便秘とは無縁だった人でもなぜ妊娠中は違うのでしょう?

 

 

 

それは妊娠中だけに起こる体の変化が原因だからなのです!

 

 

 

 

 

 

・赤ちゃんに体内の水分が優先的に送られるため水分不足になりやすい

 

・腸の働きを抑制するホルモンが多く分泌される

 

・ホルモンの変化が自律神経に影響を及ぼし神経伝達がスムーズに行われない

 

・お腹の中の赤ちゃんが腸を圧迫することによって、便がつまってしまう

 

 

このように妊娠中は便秘になりやすい要因がたくさんあるため、多くの女性が苦しむことになってしまいます。

 

市販薬をむやみに使うことができないため、苦しいのにどうすることもできないという人も少なくないのではないでしょうか?

 

妊娠中の便秘はストレスにもなり、赤ちゃんの成長にもいい影響を与えるものではないため、なるべく早く解消したい悩みです。

 

 

そんな妊娠中の頑固な便秘を解消する方法はたくさんあるので、自分に合った方法を見つけることも大事で、事前に妊娠中は便秘になりやすいと分かっていると、予防のために対策することができるのではないでしょうか?

 

食事や運動など自分に合った方法を見つけて妊娠中の不快な便秘とは無縁の生活を目指しましょう!

 

 

 

便秘には定番の乳酸菌