臨月の便通

臨月は便通が良くなる?

 

妊娠中は、体にさまざまな変化が訪れます。
味覚も変わりますし、体型もどんどん変わってくるでしょう。

 

そして妊娠中は便秘になる方が多いといわれています。

 

ずっと便秘が続く訳ではなく、多くの人は臨月になり突然快便になることがあるといわれています。

 

なぜ、急に改善になるのでしょうか。

 

急な体の変化に驚いてしまう方も多いと思います。
しかし、多くの方が急な快便を感じるそうなので、特に気にする必要はありません。

 

また、便通が良くなり数日後に出産、という方も珍しくないそうです。

 

普段から酷い便秘の人でも、妊娠後期、出産直前には便通が凄くよくなるみたいですね。
もともと便通の良い人は軟便になってしまうほどです。

 

 

出産前は、一番体が変化しやすい時期です。
特に女性ホルモンが変化し、黄体ホルモンんであるプロゲステロンが減少すろそうです。

 

プロゲステロンは腸の機能を弱らせるといわれているので、普段便秘の人の便通が改善したり、逆に軟便になるまで便が柔らかくなってしまう可能性があるのです。

 

また、臨月になると子宮がどんどん下がってきます。
そのせいで腸も膀胱も圧迫されてしまい、尿が近くなったり下痢になる場合があるそうです。

 

しかし、急な軟便には困りますよね。

 

軟便を改善するには、いくつかの方法があります。

 

まずは、体をしっかりと温めるようにしましょう。

 

妊娠中は体を温めることが重要です。
しかし妊娠後期になると妊娠期間に慣れてしまい体を労わることを忘れてしまう可能性があります。

 

暖かく消化の良い食事をとることで、下痢を改善し、体調を整えることができるでしょう。
下痢を悪化させる冷たい食事は控えるようにしてください。

 

体自体を温めることも大切です。
温かいお風呂に入ったり、湯たんぽを使ったり、腹巻を巻くなどすると、体が温まり胃腸も安定します。

 

食物繊維の多い食事も大切です。

 

食物繊維は便秘の時に食べる食品だという印象が強いですが、下痢の時にも必要な成分です。

 

また、下痢が続くと水分不足になりやすいので、水を小まめに摂取するようにしましょう。

 

普通の下痢であれば問題ありませんが、吐き気を伴う下痢や痛みが定期的に来る下痢は注意が必要です。

 

これらの症状は病気になっている可能性もありますし、出産の予兆としての痛み、吐き気の可能性もあるでしょう。

 

妊娠後期の下痢に慣れてしまうとそのまま放置してしまう方もいるでしょうが、妊娠中の体はとても繊細です。

 

体調の変化を感じたら医師に相談をした方が良いでしょう。

 

逆に便秘になる場合も

 

臨月 便通

 

臨月は、普段便秘気味の人でも快便軟便になりやすいといわれています。

 

しかし、逆に臨月に便秘になってしまう人もいるでしょう。
こちらも珍しいことではありません。

 

なぜ便秘になるのかというと、腸が圧迫されるからでしょう。

 

妊娠中は、子宮が大きくなり胃腸がどんどん圧迫されてしまいます。
そのため妊娠中は便秘になる方が多いでしょう。

 

後期になると便秘が改善する人は多いですが、さらに胃腸が圧迫される後期に便秘のままの人も少なくはないのです。
そのため、後期まで便秘が続いても特に問題はありません。

 

また、妊娠後期になると出産への不安や体の自由がきかないイライラから、疲労とストレスがたまり、自律神経が乱れてしまうでしょう。

 

そのせいで、便秘が起こる可能性もあります。

 

後期になると体が重くなりなかなか動かなくなり、運動不足になったせいで便秘になる方もいます。

 

 

妊娠後期の便秘で多いのが、硬い便、もしくは何日も便通がないという症状でしょう。

 

コロコロとした硬い便が出てきたり、便を排出するための筋力をなかなか使うことができずに、便が排出できない状態になってしまいます。

 

これを改善する為には、体を温め、軽い運動をし、水分補給をすることをおすすめします。

 

便秘には定番の乳酸菌