産後、便秘になる人が多いのはなぜ?

産後、便秘になる人が多いのはなぜ?

 

産後の便秘

 

産後は多くの女性が便秘に悩まされるようで、ひどい場合は病院に通う人までいるようです。

 

なぜ産後は便秘になる人が多いのでしょう?

 

 

・赤ちゃんに母乳を与えるために水分が不足してしまう

 

・腹筋が弱くなっているため

 

・出産時の傷の痛みが残っているためいきむことができない

 

 

このようにいくつかの理由が重なって産後には便秘になりやすい状態になるので、重症化する前に何か対策を考えなくてはいけません。

 

 

他にも産後は今までの生活リズムとは全く異なり、不規則な生活が便秘につながることもあり、赤ちゃんの世話に追われ便意を感じたときにトイレに行くことができないこともあり得ます。

 

規則正しい生活とバランスのとれた食生活が便秘解消には不可欠なのですが、産後にはそれができない状況が多いので悩んでいる人が多いのかもしれません。

 

 

産後は母乳を作り出すために体の水分が不足しがちになり喉が渇くのですが、それでも足りていない場合が多く便秘になってしまうのです。

 

一日に何度もコップ一杯以上の水分が失われるのですから、いつも通りの水分補給では到底足りず便が硬くなってしまいます。

 

それに加えて腹筋が弱っていることもあり、排便できずにたまってしまうため産後の便秘は厄介なものなのです。

 

便秘には定番の乳酸菌